二女が、谷川俊太郎の詩をせっせと覚えていた。



・・・なんか、懐かしい一節。

『生きているということ ・・・ それは、ピカソ』

小学生の時に読んだ詩だけど、難しすぎて内容は サッパリ。

大人になった今、じっくり読むと、なんとも深い詩だなぁと思った。





d0269415_17363469.jpg









生きる

      谷川 俊太郎    



生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること


あなたと手をつなぐこと


生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと


生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ


生きているということ
いま生きているということ


いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ


いまいまがすぎてゆくこと



生きているということ
いま生きてるということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ


人は愛するということ


あなたの手のぬくみ
いのちということ







[PR]
by madeline-madeline | 2014-02-28 17:37 | kokoro

まったり自閑 を大切に 


by madeline-madeline
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る